×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



プリンスと虹色の指輪[コミック]

アリゾナで一人、行方不明の王子の帰りを待つ王家の秘書ローラは、フラリと立ち寄った酒場で荒くれ男にからまれる。
この窮地を素敵な男性ジョンに救われたローラ。
二人は互いに惹かれ合う気持ちを抑えながら、別れてしまう。
ところが翌日、ローラが待つ牧場に昨夜の男性が現れた!! まさか、彼が行方不明の王子なの!?BMRは、新商品・サービス開発のアイデア発想に役立つマーケティング・モデルです。
BMRの図を使うと、商品アイデアが湧いてきます。
また、実務を進める上でのポイントを網羅しているので、現場の仕事を整理しながら進めることができます。
意外なところでは、学生の就職活動にも使われています。
BMRを使うと、仕事が見えてくるのです。
本書は、もともと味の素の製品開発の現場から生まれたBMRを、易しく解説しました。
日本発のマーケティング・モデルの図解編です。
BMRの11の要素について、図と文章とが、見開きで展開されているので、BMRをスムーズに理解することができます。
また、図解編は、マーケティングの手順に添って書かれているので、開発マーケティングのステップを学ぶことができます。
BMRの図を理解して、マーケティング発想を身につけてください。
10年商品を目前にした「昆布ぽん酢」と、10年商品に向けて好調なスタートを切った「1才からのかっぱえびせん」について、ヤマサ醤油株式会社の藤村さんと、カルビー株式会社の宮倉さんの二人のマーケターが、商品の開発秘話を語っています。
商品の開発プロセスが分かるとともに、最前線の開発マーケターの多岐にわたる仕事を知ることができます。
商品に込められたマーケターの想いを味わってください。
「製品開発の切り口」ヒント集です。
団塊の世代の人口などの基本的なデータから、平均睡眠時間など、痒いところに手の届くデータが載っています。
また、ヒット商品のオケージョン(場面)とベネフィット(価値)を抽出し、整理しているので、新商品アイデアを発想するのに、役に立つ、いままでにないデータが揃っています。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60022006