×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



真田十勇士(6)

錯綜する情報、暗躍する策士たち……。
徳川と豊臣の戦いは避けようもなく、その火ぶたが切って落とされるのは時間の問題であった。
迫り来る合戦に騒然とする大坂と、落ち着き払った駿府の城下。
家康がいよいよ腰を上げたことを幸村に伝えるべく、霧隠才蔵は急ぎ駿府を後にした!!真田幸村の築いた出城「真田丸」。
そこで敵を挑発し続け、切り崩すときを待つ男たちがいた! 主君に忠誠を誓った十勇士と六千の軍勢――。
男たちの熱き想いが込められた冬の陣、最大の攻防・「真田丸の戦い」がついに幕を開ける!!江戸時代、男と女が刹那的な愛を語り合った場所、吉原遊郭。
きりもなく訪れる男たちと、幻の色恋に生きる女たちが演じる郭のなかだけの夢物語。
百人いれば百通り、明かせぬ秘密がありました。
足しげく吉原に通い、気まぐれな花柳に散財する商売人の男。
金の切れ目が縁の切れ目。
したたかな遊女の素顔を見た男は…。
情感溢れる恋物語短編集。
官兵衛の主人・小寺政職から官兵衛を殺せとの手紙を受け取った荒木村重。
主人に忠誠を尽くしてきた男の悲劇に心を痛め、殺すことはできぬと官兵衛を土牢に入れることに。
孤独な牢の中で名軍師・官兵衛が巡らす思いとは……? 巨匠が描く本格戦国劇画!!再犯の可能性が高い犯罪者を、正義と称して処刑する組織との壮絶な戦い[予防処刑]、新興宗教を妄信する元自衛隊員に誘拐された防衛庁長官を救う[鋼鉄の一角獣]、ラオスに進出した日本の巨大企業の裏側の攻防を描く[メコンの彼方]の3話を収録!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013598