×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幕末工作人からすについて

.

記事本文


幕末工作人からす

幕末…勤皇、佐幕両派は、それぞれ細作(スパイ)機関を使ってしのぎをけずっていた。
そんな時代、どちらにも属さない通称「からす」と呼ばれる工作人がいた。
薩長に追い詰められた幕府は、民百姓の為、無血開城を主張する勝海舟暗殺を計る。
からすがとった行動とは…!?ここは中華街。
古今東西、ありとあらゆる世界の不思議の棲む魔都――。
D伯爵のペットショップでは、手に入らないモノは何もない。
お金持ちのお嬢様が手に入れた、世界で数羽しかいない珍鳥。
契約書に書かれた3つの約束事とは…!? ペットと人間たちが織りなすヒューマン・ミステリー!愛する娘を失い嘆き悲しむ夫婦は、代わりにペットを飼うためD伯爵の元へ訪れた。
人間の女の子のような姿のウサギを見て、一目で虜になってしまった夫婦。
娘としてウサギを連れて帰った夫婦は、「水と野菜しか与えてはいけない」という約束を、愛するがゆえに破ってしまう…。
孫たちへのプレゼントにと、D伯爵のペットショップでワニガメの卵を買った老紳士。
ところが、D伯爵は間違えてドラゴンの卵の方を渡してしまった! 未解決の変死事件の陰にD伯爵のペットショップあり。
D伯爵を疑うオルコット刑事と共に、二人はドラゴンの卵を取り戻そうとするが…!?結婚式の当日、海に落ちた歌姫・エヴァンジェリン。
彼女が海に落ちて一週間、遺体は未だ見つからない。
D伯爵が海岸で見つけた人魚は、エヴァンジェリンにうり二つだった。
生まれ変わりか、はたまた彼女はもともと人魚の仮身(かりそめ)の姿だったのか――。
婚約者は人魚を連れて帰るが…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009776



Copyright (c) 幕末工作人からすについてAll rights Reserved.